睡眠薬に頼らずに寝たい!不眠・睡眠障害・サプリの【バクスイ先生】

睡眠全般に関しての知識やサポート・グッズ・サプリを分かりやすくお伝えする支援サイト

スリーピン

      2017/02/01

> > 口コミ・レビューを書く

バクスイ先生評価★☆☆☆☆(1/5)
ユーザー評価
(評価なし)
ジャンル睡眠改善薬
通常価格950円(税込)
商品説明不安やストレスで眠れない。心配事があって夜中に度々目が覚める。寝付けない。気持ちが高ぶって眠れない。そんな人の為の睡眠改善薬です。
内容量6カプセル
原材料ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg。添加物として、ゼラチン、グリセリン、マクロゴールを含有します。
販売会社薬王製薬株式会社
どんな人におすすめ?スリーピンは精神疾患等病的な原因のない人が経験する一過性の不眠、ようは「ちょっとした不安や緊張で眠れない」という人におすすめです。1ヵ月以上も不眠で悩んでいる人には効果を得られない可能性があります。
飲み方
使い方
寝つきが悪い時や眠りが浅い時、次の1回量を1日1回就寝前に服用してください。

不眠の原因別口コミ&オススメ度

一口に「不眠」とはいっても原因は様々。不眠の原因別に見て「スリーピン」はどうなのでしょうか?それぞれのタイプ別に口コミや評価を掲載してみました。これであなたの不眠にスリーピンが役に立つのか分かりますよ。

「夜勤」「不規則な生活」といったのバランスが気になる人

オススメ度:
20%

成分はドリエルとほぼ同じ。有効成分の量にいたってはまったく同じですよ。 どうしても明日どうしても用事があって、早起きしないといけないにもかかわらず眠れない場合は使用する価値はありますね。それでもしっかりと眠れるということはなく、眠りが浅くなりがちなのが欠点。 それに効果は実質最初の一回だけ。二回目以降は偽薬レベルにまで落ち込むよ。

■ついでに読んでおきたい記事

「イライラ」「不安」といったのバランスが気になる人

オススメ度:
0%

残念ですが心のバランスが気になる人に対しても偽薬以上の効果を発揮できません。「これを飲んだから大丈夫」という安心感を得られるのはメリットですが、「これが無いと眠れない」なんて心理的な依存心が生まれる危険性もあります。もっとも、既にこのサイトを見てしまった人にはメリット・デメリット共に失われていますけどね。

■ついでに読んでおきたい記事

商品説明&概要注意点&副作用成分詳細説明販売店情報

スリーピンの商品説明&概要

睡眠改善薬として大ブームを起こしたドリエル、その主成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合量そのまま、添加物だけ少し変化させた製品がスリーピンです。

主成分が同じなので薬局で購入される際は安い方でまったく問題ありませんし、片方で効果が無かったらもう片方も効果が無いです。効果があったとしてもそれは心理的な要因ですね。

布団に入っても眠れないときに1錠だけ服用してください。

スリーピンの注意点&副作用

公式サイトにおいて、以下のような人は使用をしてはならないと定められていますね。

  • 妊婦又は妊娠していると思われる人。
  • 15歳未満の小児。
  • 日常的に不眠の人。
  • 不眠症の診断を受けた人。
  • 他の睡眠導入剤や風邪薬、内服薬を服用している場合
  • 服用した後、車や機械の操作がある方
  • 緑内障、前立腺肥大を患っている方
  • 本製品を服用した結果、体になんらかの不調が起きた方。

特に「日常的な不眠」の方には成分性質上ほぼ効果はありません

体の不調が起きる確立ですが、同じ主成分であるドリエルを参考にすると約4%の割合で頭痛や悪夢を見るようです。

副作用なし 94.5%(165例) / 副作用あり 4.6%(8例)

<副作用は、眠気(2例)、悪心(1例)、頭痛(1例)、多夢(2例)、心高部痛(1例)、悪夢・気分不快(1例)、起床時の頭重感(1例)>

そのほかにも、過剰摂取を行うことで一時的な幻覚や異常行動を発生させる恐れがあります。

ただし、過剰摂取を行うには最低100箱以上をいっぺんに摂取するレベルの量が必要となりますので、通常の範囲内での利用では考える必要もありませんね。

スリーピンの成分詳細説明

スリーピンの主な成分はジフェンヒドラミン塩酸塩ですね。

元々風邪薬として配合されていた成分だったのですが、それをエスエス製薬が睡眠改善薬として販売。大ブームになったため、様々な製薬会社がジフェンヒドラミン塩酸塩を使用した睡眠改善薬を販売しました。

本製品はそんな模倣製品の睡眠改善薬のうちのひとつですね。

なぜこの成分が睡眠に効果があるのか?

ジフェンヒドラミン塩酸塩のページで詳しく解説していますが、簡単に説明しますと「人の神経や気持ちの高ぶりを、中枢神経から強制的に止めている」為に眠気が来るのです。

たた、50mgではせいぜい「ちょっと反応が弱くなったかな?」というレベル。体を眠りに誘うきっかけになれば御の字ですね。

耐性も非常につきやすく、2回目以降はほぼ効果が無いですので注意。

スリーピンの販売店情報

スリーピンは全国の薬局やドラッグストアー、Amazonで購入できます。

アマゾン 950円
楽天 734円
薬局・ドラッグストア 980円前後

最安値は楽天ですが、その差はたった200円。近所のドラッグストアで購入したほうが時間的にお得ですね。

スリーピンは典型的な睡眠改善薬ですね。指定第二種医薬品として指定されています。

指定第二種医薬品と聞くと、病院で処方されているお薬と同じように感じますよね?

第二種医薬品は国が定めた「第二種主医薬成分」を含んだものをいい、「指定」とついた場合は特に注意しなければならないものを言います。ようは副作用による被害が無視できないほどのレベルということ。
スリーピンの副作用が起きる確率は約4%ほど。ドラマや漫画だと確実に当たる確率ですね。
ではそれに見合うだけの効果はあるのか?

先ほど副作用は4%ほどと説明しました。元々スリーピンは主成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩の副作用を効果としてアピールして販売している商品。つまり、効果がある人は4%ほどしかいないのですよ。

更に言えば、その4%には睡眠以外の効果(頭痛・悪夢)も含まれています。実質的な確率は2%にも届かないでしょう。

爆弾発言をしますと、レスタミンコーワ糖衣錠というじんましん・湿疹(しっしん)向けのお薬を5錠ほど服用すればこの製品とまったく同じ量の有効成分を摂取できます。

しかも、1日辺りの服用量は9錠なのでレスタミンコーワ糖衣錠のほうが睡眠効果が高い!なのに価格はスリーピンより200円ほど安い。

スリーピンの価格はパッケージ代と思ってもいいかもしれませんね。

スリーピンもよくある睡眠改善薬のひとつ。類似品とは主成分・配合量が同じなので期待できる効果もほぼ同じです。

たた、添加物に差がある為、そこで多少の誤差が起きる可能性がありますね。

「明日の会議は絶対に失敗できない」というプレッシャーのせいで中々眠れない時には使用してもいい、といううことか~。

主成分が「気持ちの高ぶりを抑える」という効果なので、寝る前ではなく会議の1時間前に飲むのもいいですね。適度に緊張がほぐれてスムーズなスピーチが可能になりますよ。

ただし、あくびには気をつけてくださいね。

睡眠サプリメントをご紹介

 - 睡眠薬・睡眠改善薬・睡眠サプリ一覧