睡眠薬に頼らずに寝たい!不眠・睡眠障害・サプリの【バクスイ先生】

睡眠全般に関しての知識やサポート・グッズ・サプリを分かりやすくお伝えする支援サイト

医療費年間200万円を10万円まで抑える方法~医療費控除について

   

医療費控除という制度を知っていますか?この制度を使えばたとえ年間200万もかかった医療費を、たった10万まで軽減できる制度と聞きました。これを使えば家計が随分楽になりますよね。制度の仕組みや申請方法などを分かりやすく説明してくれませんか?

医療費控除とはどんな制度なの?

2016y09m22d_211620872

医療費控除とは、1年間(1月1日~12月31日)で支払った医療費のうち、その一部が返って来る制度の事を言います。もっと正確に言えば、一定金額以上の経済的負担は国がサポートしてくれるというシステムですね。

この制度の対象者は「申請者本人およびその人物と同一の生計を立てている親族」。ようは1世帯あたりの医療費全額が補助されるのですよ。

例えば、旦那さんが大きな怪我をしたため、治療に総額100万円もかかったとします。普通なら到底払いきれない金額ですよね。ですがこの制度を使用すれば後日90万ほど帰って来ます。経済的な負担は実質10万で済みますね。

私は今年どれだけ戻ってくるの?

とはいったものの、1年間で利用した医療サービスや薬の全てが戻ってくるわけではありません

国税局のホームページによると、医療費控除の対象となる金額は以下の通りです。

対象となる金額

(実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

  1. (1) 保険金などで補てんされる金額

    (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

    (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

  2. (2) 10万円
    (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

※返金金額は最高で200万円です。

※総所得金額・・・純損失、雑損失、その他各種損失の繰越控除後の総所得金額、特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、上場株式等に係る配当所得の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、山林所得金額及び退職所得金額の合計額

よって、210万までは10万で抑えられ、それ以降は掛かった費用がそのまま負担、という形ですね。

注意点

医療費控除の計算式についての注意点がいくつかあります。具体的には「全ての薬や治療費が対象になるわけではない」「世帯の所得が200万以下なら総所得の5%の負担になる」という点ですね。また、保険や他の制度で補填が出来た場合、その金額分を医療費控除から除外されてしまいます。

これ等について具体的に説明していきましょう。

全ての薬や治療費が対象になるわけではない

一番大切なことがこれですね。医療費控除は全ての薬や治療費が対象になるわけではありません。医療費の中でも「治療のみ」に掛かる費用の負担を抑えるだけ。予防やその他サービスでは使用できません。

例えば歯医者さん。虫歯を治療すれば、それは医療費控除として認定されます。一方、「歯を白くした」、「虫歯の予防をした」では控除の対象になりません。

なぜ「治療」は大丈夫で「予防」はダメなのでしょうか?予防したほうが絶対に医療費も安くなるのに・・・。
予防まで含めちゃうと、みなさん「あれも予防しよう」「これも予防しよう」と行動とするでしょ?そんなことされると医療費が余計に膨らんじゃいますよ。

同様に入院においても「パジャマや洗顔道具」「医師や看護師へのお礼」「個室(医師が必要だと判断した場合は控除の対象)」などは対象にはなりません。「病院食」「付添人の依頼料」については控除が受けられますので安心してください。

分かりやすいように表でまとめておいたので、参考にしていただければ幸いです。ただし、下記の表はあくまで一般的な事例として国税局が掲載していたものをまとめたもの。「この場合は大丈夫?」とご心配な方は各都道府県にあります、税についての相談窓口(外部リンク)までお電話ください。

医療費控除の対象・非対象の例
対象になる 対象とならない
入院  入院での手術費用(対象にならないものを除く)、医師が必要と判断した個室料金、付添人の費用(家族が行った場合は除外)、病院食  整形や脱毛といった美容による手術費用(著しい損傷の治療による整形は対象)、寝巻き(パジャマ)、洗面具、本人・家族が希望した個室、病院内外の食堂で食べた食費
出産 不妊治療、妊娠と判明してからの定期検査の費用、通院費用、陣痛が始まった時に呼んだタクシー代、病院食、流産時の費用、医師が必要と判断した場合の中絶  実家で出産する為の帰省費用、寝巻き(パジャマ)、洗面具、本人・家族が希望した個室、病院内外の食堂で食べた食費、中絶
歯医者  診断費、治療費、金歯、銀歯、入れ歯、子供の歯列矯正、バスやタクシー代、治療時のローン  保険の効かない自由診療(金歯、銀歯、入れ歯は除く)、大人の歯列矯正(状況になっては例外有)、通院のガソリン代、ローンの金利・手数料
医薬品 薬局から処方される薬、第一類医薬品、風邪薬、湿布 その他医薬品、全てのサプリメント、トクホ、個人輸入で購入したもの全て
その他 治療のためのマッサージや針治療、レーシック手術、おむつ代(要「おむつ使用証明書」)、松葉杖、車椅子、その他医師が必要と判断したもの メガネやコンタクトレンズ代金(医師が必要と判断した場合は除外)、

税務署「医療費控除を受けられる方へ」、国税庁「医療費控除の対象となる医療費」などを参照

睡眠薬に関してですが、病院から処方されたものは医療費控除。それ以外(薬局で売っているもの、サプリメント、その他方法で手に入れたもの)に関しては全額実費になります。

世帯の所得が200万以下なら総所得の5%の負担になる

医療費控除とは、210万までの金額が10万まで軽減される制度だと説明しました。これには例外が存在し、所得が200万未満の場合その所得の5%が自己負担となります。

例えば年間所得が150万の場合、150万x5%=7万5千円が自己負担額になります(軽減上限も207.5万まで下がります)。これは低所得者の場合、10万でも出費がキツイ為の処置ですね。

宝くじが大当たりしたから仕事をしていない人の場合、所得が0になるので医療費全額が控除されるのですか?
医療費控除は貯金による制限はありませんから、全額控除、ということになりますね。

他の制度や保険が優先される

医療費控除ですが、高額療養費や出産育児一時金、自身が掛けている保険がある場合、まずはそちらが優先されます。

例えば、年間での医療費が50万で所得が200万という家族の場合、通常なら40万が返金されますよね。ですが保険や他の制度を利用した結果、医療費が5万まで軽減できたとすると、医療費控除では1円も帰って来ないということになります。

なお、保険の場合だと医療費より保険で戻ってくる金額が多いケースも存在しますよね。その場合は「その保険で治療した医療費が0」とカウントされ、他の医療費には何も影響を及ぼさないのでご安心ください。

それを含めても毎年の保険料を考えると・・・もしかして民間保険って損?

この辺りは自身の環境と考えて行うべきですね。仕事が特殊の場合は多少損してでも保険に入ったほうがいいケースだって存在しますが、このあたりは別のサイトにお任せします。

医療費控除はに申請すればいいの?

肝心の申請方法について説明しますね。

医療費控除の受付時期ですが、実は年中税務署で受け付けてくれます。ただし、確定申告が必要な方の場合はそれが終わらないと出来ませんので、2月16日以降になりますね。

医療費控除の対象となる医療費の期間は5年前のものまで有効です。今年(2016年)の医療費の申請は2021年までに医療費の控除を申請すれば受け付けてくれます。

必要な書類は税務署にいけば必要な書類や領収書などが入った書類一式を簡単に手に入れることが可能です。

一応、こちらでも専門の用紙がダウンロード可能だったり、e-Taxを使えば24時間受付が可能ですが、初めての人ではちょっと敷地が高いですよね。なので税務署に一度行かれて封筒と説明を受けたほうがいいでしょう。そのほうが失敗が無いのでオススメです。

書類を記入する際、1年間で掛かった金額はこちらで記入する必要があるので予めレシートをまとめ、医療費の集計を行っておくとスムーズに記入が出来ますね。

特に不備等がなければ、控除の書類に記載した銀行口座にお金が振り込まれます。振り込まれるまでの間はおおよそ1ヶ月半ほどのようですね。

みなさんも病院へ行き睡眠薬を処方されたらしっかりと申請を行いましょう。

睡眠薬は長期間の投与になりやすく、経済的な負担も大きいです。様々な制度を活用し、賢く治療を行いたいですね。

睡眠サプリメントをご紹介

あなたの気持ちをお聞かせください

 - 睡眠医療