睡眠薬に頼らずに寝たい!不眠・睡眠障害・サプリの【バクスイ先生】

睡眠全般に関しての知識やサポート・グッズ・サプリを分かりやすくお伝えする支援サイト

睡眠障害の定義と分類(ICSD-2という睡眠障害国際分類)

   

睡眠障害にはいくつか種類があると聞きました。それらをまとめているICSD-2(睡眠障害国際分類 第2版)や、それぞれの分類の大まかな説明が知りたいです!

睡眠障害は「ICSD-2」によって分類される

一口に睡眠障害といっても様々な種類があります。例えば「もう寝る時間なのに目がギンギンで眠れない」「仕事や授業中など、眠ってはいけない時なのに眠ってしまう」「寝相が悪くてベッドから落ちてしまう」「深夜にトイレなどでしょっちゅう起きる」などが主なものてしょうかね。

ですが、様々な睡眠障害に対して症状の種類がバラバラだと診断や研究がやりにくいということで、1990年、アメリカ・ヨーロッパ・日本・ラテンアメリカの睡眠学会が分かりやすく睡眠障害についてまとめた区分がICSD(睡眠障害国際分類)になりますね。

一般的に使用されるのは2005年版であるICSD-2ですね。一応2013年にはICSD-3があるのですが、イマイチ主流にはなっていない様子。

さて、ICSD-2による睡眠障害の分類についてですが、以下のように定義されていますね。

  1. 不眠症
  2. 睡眠関連呼吸障害
  3. 中枢性過眠症
  4. 概日リズム睡眠障害
  5. 睡眠時随伴症
  6. 睡眠関連運動障害
  7. 孤発性の諸症状,正常範囲と思われる異型症状,未解決の諸問題
  8. その他の睡眠障害

この8つの順番ですが、実はそれぞれの症状による特徴の順番で並んでいるのですよ。

1の不眠症は「眠れないこと」に関する症状。2と3は「寝すぎることに関する症状」4が「昼夜逆転」5と6が寝相や歯軋りなどの「寝ているときに起きる症状」。7と8がそれ以外になります。

ICSD-2では簡単な診断基準が設けられているものの、詳細なものに関しては「国や人種の差がある」として定義していません。このページでも、簡単な症状と診断基準だけ説明していますので、詳しくは詳細ページをご覧ください。

「眠れない」不眠症

睡眠障害のうち、「眠れない」ということで悩んでいるならそれは不眠症という睡眠障害です。日本だと睡眠障害=不眠症というイメージがありますね。

実際に睡眠障害で病院や薬を服用する人の殆どが不眠症なので、それも仕方の無いことでしょう。

ICSD-2では不眠症の一般的基準を少し細かに説明していますが、簡単に説明しますと「ちゃんと寝る環境やタイミングがあるにも関わらずうまく寝れない。その結果何か不便が生じている」場合に不眠症と診断されますね。

ようは眠れないことが原因で何か問題が起きたら不眠症です。

眠たい過眠症

過眠症は不眠症の逆。しっかり寝ているにも関わらず、眠ってはいけないときに眠ってしまう症状です。

過眠症には「睡眠関連呼吸障害」と「中枢性過眠症」などがありますね。

睡眠関連呼吸障害はイビキや寝ているときに無呼吸になったりする症状。中枢性過眠症は「ナルコレプシー」と呼ばれるような、いきなり眠りに落ちてしまう症状のことを言います。

イビキは隣人や同居人を不眠症にいざなってしまうので、誰かに指摘されたらすぐに対処すべきですね。

昼夜逆転のリズム障害

昼夜逆転も私生活に悪影響が出たら睡眠障害になります。

特にニートの人は寝たいときに寝て、起きたい時に起きるので体内時間と実際の時間がズレてしまいがち。引きこもりになったら家族の目がある為、余計に夜型になりがち。

ですが、「自身の生活に対して何か困ること」がなければわざわざ治療の必要もない症状でもありますね。フリーランスや海外のIT産業の人などは割りとそういう人が多いです。

寝相や金縛りの障害

「寝相や寝言が凄くてまるでケンカしているような感じがする」こういった寝ているときに問題が起きることも睡眠障害のひとつです。

寝相による問題は時として暴力行為に発展します。現にイギリスでは病的な寝相により妻を殺してしまうという事件もありました。明らかに寝相の範囲を超える行動や言動があった場合は少し注意をし、必要なら病院へ相談すべきでしょう。

悪夢が続く場合や金縛りもこちらになりますね。悪夢や金縛りは長期間続くと不眠症との合併症を引き起こしますので気をつけてください。

家賃が安かったので墓地の近くに引越ししたのですが、その日から金縛りや恨み的なグチの夢ばかり見てしまいます。これも睡眠障害ですか?
睡眠障害ですがそんな部屋はさっさと引越ししてください。

睡眠サプリメントをご紹介

あなたの気持ちをお聞かせください

 - 睡眠障害について