睡眠薬に頼らずに寝たい!不眠・睡眠障害・サプリの【バクスイ先生】

睡眠全般に関しての知識やサポート・グッズ・サプリを分かりやすくお伝えする支援サイト

生理的原因(バランスの崩れ)による不眠とは?

      2016/08/29

睡眠障害の原因はいくつかあります。

その中でも時差ぼけや昼夜逆転状態といった体や環境が原因である「生理的原因」のことについて、原因と予防・対策を教えてくれませんか?

不眠の生理的原因は体内時間が原因

yumi-barannsu
睡眠障害は「睡眠障害国際分類(ICSD)」によると、不眠症の原因は11種類に分けられるとしています。ただし、実際の病院や臨床の現場では11種類は多すぎる上に、一部の原因は殆ど相手をすることがない為に次の5つに集約されます。

  1. 身体的原因
  2. 生理的原因
  3. 心理的原因
  4. 精神的原因
  5. 薬物的原因

今回のテーマである生理的原因とは、自身の環境やライフスタイルが影響して体内時計がズレてしまった結果不眠を発症しているものを言います。

主な原因を挙げますと・・・

  • 一週間に1~2回夜勤がある
  • 仕事時間が朝だったり深夜だったりで不規則
  • 海外に旅行(移住)した
  • ニート生活で好きなとき起きて好きなときに眠る
  • その他(加齢・ホルモンバランスの変化)

これらの行為は体内時計が正常に働かない原因となります。今までずっとやってきたことが今日になっていきなり変わったら戸惑いますよね?体内時計のズレは基本的にそれと同じです。

「加齢やニートはどうなの?」と思う方もいるかと思います。

まず「加齢」についてですが、これは歳をとることで自身の体内時計が正しく刻めなくなった為。

「ニート」生活では、逆に体内時間に忠実すぎた為に不眠になります。これは人の体内時間がおおよそ25時間な為、「寝たいときに寝て起きたい時に起きる」生活だと1日に1時間ほどズレ続けていくからですね。もっとも、「ニート」という精神的不安も影響はありますよ。

このように生理的原因の場合の不眠症は何かしらの原因で体内時間がおかしくなった結果、自分が寝たいと思ったときに眠れなく、寝たくないと思っているときに眠たくなってしまうのです。

このような状態を概日リズム睡眠障害とも言いますね。

生理的不眠症の予防と解決方法

一番の予防は「体内時計がズレる行為をしない」なのですが、医療関係や公共のサービスなどを始めとした様々な仕事は24時間ですよね。第一加齢は絶対に防ぐ事は出来ません。

ではどうすればいいのか?

それは「体内時計を毎朝しっかり揃えてあげる」ことです。体内時計は毎朝朝日を浴びることで一旦リセットされます。かといって深夜に太陽なんて出ていません。なので代わりに強い光を浴びることで代用します。

深夜のコンビニに行くと眠気が覚めるのはコンビニの強い光のせいで体内時間が若干狂ってしまったためですね。

この強い光を浴びる方法は高照度光療法という名前で実際の病院で使われています。昔は個人では中々行えなかったのですが、現在では目覚まし時計の音代わりに強い光を放つものなどが販売されていますね。

加齢やホルモンバランスの変化によって体内時計が狂った場合は日々の食事やサプリメントなどで必要な栄養素を補給することが主になります。

生理的原因(バランスの崩れ)を意識して改善することが出来た人のほとんどは、不眠で悩む前以上にアグレッシブになっています。これは自身で睡眠をうまくコントロールできるようになったからですね。
これは不眠で悩んでいない人もぜひマスターして欲しいスキルだね。不眠で悩んでいた分、しっかりコントロールをマスターして私生活をより充実させよう!!

睡眠サプリメントをご紹介

あなたの気持ちをお聞かせください

 - 睡眠障害について