睡眠薬に頼らずに寝たい!不眠・睡眠障害・サプリの【バクスイ先生】

睡眠全般に関しての知識やサポート・グッズ・サプリを分かりやすくお伝えする支援サイト

【すやすや】様々な動物達の平均睡眠についてご紹介【ぐっすり】

   

猫科

まずは猫科の動物達について説明しましょう。

猫科の動物達と言えば、トラ、ライオン、イエネコ、そして今大ブームのサーバルキャットなどですね。

猫科はどれも比較的睡眠時間が長いので特徴です。では、有名な動物達についてちょっと見て見ましょう。

イエネコ

一番最初に説明をするのは、私達の生活で一番よく目にする「イエネコ」。野良猫も「イエネコ」です。

元々は中東に生息する「リビアヤマネコ」を家畜化したもの、とのこと。

イエネコの睡眠時間は資料によってマチマチですが、12時間~14時間、16時間ほど眠ります。この差は個体差・年齢・生活状況などが大きく関わってきます。

「人に飼われている」「地域猫」などの場合は長くなり、野生溢れる「ノラネコ」の場合眠りが浅く短くなります。これは人と関わることで安全性・食料の安定供給が得られる為、ノラネコのような活動をしなくていいから。

睡眠時間だけで言えば、安全なイエネコとナマケモノは同じくらい寝ます。

サーバルキャット

サーバルキャット(Leptailurus serval)と言えば、某深夜アニメで爆発的に人気になった動物ですね。

知らない方の為に説明しますと、サーバルアフリカのサバンナに生息する中型の猫。若干草が生えているところなので、歩きやすいように細長い個体。別名「サバンナのスーパーモデル」とも言われています。

そんなサーバルですが、飼育下の場合だと睡眠時間は一般的なイエネコと差はなく大体12時間です。

睡眠のタイミングも寝たいときに寝て、起きたいときに起きる半夜行性状態。これはネコ科の系統樹がイエネコとサーバルキャットで近い(非常に似ている)からだと推測されます。

(サーバルとイエネコはDNA的にかなり近いがイエネコとカラカルは少し遠い)

なお、系統樹が近いのでイエネコとサーバルキャットで子供も生まれます。ネコ(ベンガル)との間に生まれたものは「サバンナキャット」と言います。

野生のサーバルキャットのデータは少ないので、別のデータを発見次第追記を行います。

ライオン

ライオンの中でも最も有名なライオンといったら百獣の王であり、猫科を代表とする動物ですね。ネコ科ヒョウ属に分類されます。

元々の生息区域はアフリカ・中東の砂漠以外の場所だったのですが、現在ではアフリカの一部とインドの特定地域のみという状態。

ライオンはアフリカ種とインド種に分けられ、アフリカ種はさらに複数種に分かれる。

ライオンは1~3匹のオスに対して複数のメスを囲う「プライド」と、オスだけの「ノマド」という2種類の群れが存在します。ノマドはプライドのオスと決闘をし、無事に勝てばそのプライドを自分のものにできるのです。

さて、そんなライオンの睡眠時間ですが、通常だと15時間も寝ています。さらに餌が豊富な時期の場合はプラス5時間ほど休憩します。

活動している時間のほうが短いですね。

一方、獲物が少ない時期やノマド達の場合は一日中起きて狩りを行います。そうしなければ飢えて死にますからね。平均すると13.5時間前後がライオンの睡眠時間となります。

寝床は木の木陰などの開けたところが一般的です。

「動物園のライオンは毎日檻の中でヒマなんじゃないかな?」と思っていたのですが、睡眠時間の長さや安定した食事があるなら動物園生活のほうが恵まれているのですね。

トラ

トラもネコ科の中では有名な動物ですね。ライオンと同じネコ科ヒョウ属に分類されます。

ライオンはアフリカやインドの一部に生息していましたが、トラはインドの一部、東南アジア、中国の一部、朝鮮半島とロシア極東部(旧渤海周辺)のみとなっている。

日本の動物園では「アムール」「スマトラ」「ベンガル」の3種類を見ることができます。

そんなトラの睡眠時間は約16時間。ライオンより睡眠時間が長いのは生息区域がライオンより豊かであり、草食動物に恵まれていたからだと推測できます。

トラの寝相はほぼイエネコと同じで木陰でゴロゴロ。このあたりはネコ科特有ですね。寝床も他のネコ科と同じく開けた自身の縄張りで寝ています。

アライグマ科

アライグマ科の多くは小型で尻尾がシマシマという特徴があります。そんなアライグマ科の中でも比較的大柄であり、何かと話題に上がるアライグマを説明しましょう。

アライグマ

アライさん、またやってしまったねー

アライグマはアライグマ科アライグマ属に分類される動物。名前の由来は手で物を洗っている姿から「洗う熊」として名づけられました。

ただし、実際は洗っているわけではなく、手の感触で物を判別しているという説が有力。さらに言うと熊ですらない。

原産国はアメリカですが、ドイツ・ジョージア(トルコとロシアの間の国)、日本で外来種として定着。大きな社会問題となっています。

日本に定着したきっかけはアニメ「あらいぐまラスカル」が原因。あのアニメを観て多くの人がアライグマをペットにしたものの、人に懐かない性格のため森へ捨てたものが野生化したのです。

あらいぐまラスカルも最終回で森へ帰していますが、そこまでマネをしなくても良かったのにね。

そんなアライグマの睡眠時間12時間ほど。夜行性の為、お昼過ぎに起きて朝4時頃に眠るようです。

寝床は自身で作った巣穴が基本ですが、都市部に住む固体は民家や車庫に住み着く。もし日本でアライグマを発見したら、直ぐに専門業者を呼びましょう。アライグマは感染症の媒体となるので放置すると健康被害を与える恐れがあります。

なお、アライグマとタヌキは姿こそ似ているもののまったく違う動物です。

睡眠サプリメントをご紹介

あなたの気持ちをお聞かせください

 - コラム